(無垢)丸ログ壁

これは均等に機械裁断された丸太で作られるログハウスで、おとぎの国から出てきたような夢のある風合いの家となります。真っすぐに育った木を厳選し、さらに虫食いや傷の有無や均等性までチェックされ抽出されたものだけをこのログ材の原木として使用します。

無垢・丸ログは以下のような工程で誕生します。

原木の表皮をむき、ミリングカッターという機械に入れられ、均等な丸形状に加工されます。その後、図面の各部材の長さにカットされ、スタック用の実・ダボ穴・ノッチの裁断が行われます。裁断されたログ壁を全て抗菌処理し、乾燥工程へ移行させます。乾燥室では温度・湿度はコンピュータ管理され、長い時間を掛けて丸太の表面から芯部までを均等に乾燥させます。

弊社ロバニエミの無垢・丸ログは、直径170mmから250mmをご用意させて頂きます。サウナ用やガゼボなどは小さい直径の丸ログを、住宅用では直径250mmがお勧めサイズです。通常、丸ログの最大規格長は6mまでとなっていますので、6mを超える壁の場合はジョイント部を設けることになります。

この無垢・丸ログの外観はとても美しいものになるでしょう。

  • 高いエコロジカル
  • コンピュータテクノロジーによる精工に裁断された無垢・丸ログは、ロバニエミ独自システムによりmm単位の隙間を残して正確にログ積みができるように考慮されています。
  • ログ壁スタック部分はV字型のくさび形状を採用して、ログ間の気密性を確保しています。