ケロ・ログ壁

ケロ[ KELO ]と特殊な松の事でラップランドの産物です。この地方の木は、気温が低い為ゆっくりと育ち、木材としての密度は高くなります。松には寿命があり、一定の時期になると葉や枝が落ちてしまい、根からの栄養を取ることが出来なくなります。その木は立ったまま何十年・何百年と経過し乾燥してしまいます。これが立ち枯れの木“ケロ”です。色がシルバー色なので、シルバーパインとも呼ばれています。

実はこのケロ、近年になってから、そんなには簡単に手に入らなくなってきました。と言うよりも、取り出しにくい場所にしか残っていないのが現実です。また木は切断するのではなく、木にダメージを与えないように根こそぎ引き抜く方法で伐採します。特殊な車両で引き抜くのですが、その車両が入れない場合はヘリコプターで引き抜いて搬出するという方法で行われます。

立ち枯れの木、ケロの特殊性と利点:

  • この木を使ったログハウスは、経験豊富な職人が手作業で裁断します。それは、それぞれの木の形状や長さを考慮した上での作業となります。
  • まさに天然の素材を使いますので、自然そのものです。
  • 天然の環境で、完全乾燥されていますので、収縮などは皆無です。
  • ログ壁表面も自然のまま使用しますので、シルバーとなります。
  • 自然の風合いで、松の強い香り
  • 完成したログハウスは、自然いっぱいで、快適な環境を与えてくれます。
  • 壁となるログは直径200mm~380mmとワイルドなログハウスとなります。